21世紀 光が拓く時代の先端を駆ける

NEWS一覧を見る

2018年12月6日(木)・7日(金) 第53回研究会・見学会

  • 12月6日(木)
    ・委員全員でのプレゼンテーション
    ・「SPring-8とSACLA」
      石川 哲也 (理化学研究所 放射光科学研究センター)

  • 12月7日(金)
    ・Spring 8 見学
    ・兵庫耐震工学研究センター 見学

ご案内はこちら[2018年11月12日掲載]

2018年10月5日(金) 14:00〜16:55 第52回研究会

  • 「ドローン(UAV)の現状と未来〜農業など産業分野における活用〜」
    高山 誠一 (技術経営修士(専門職)(MOT)、JUIDA 認定スクール講師)
  • 「未来農業の香り:揮発性物質を介した植物間コミュニケーションと予防型精密農業への展開」
    木下 奈都子 (筑波大学 生命環境系 助教)

ご案内はこちら[2018年8月10日掲載]

ご挨拶

21世紀は光が拓く時代といわれ、情報通信をはじめ、ライフサイエンス、エネルギー、環境、医療福祉、防災・防犯、危機管理など、安全・安心・快適な社会の実現に向けて、光技術が大きな役割を果たすものと期待されています。

続きを読む

活動概要

活動概要・活動方針をご紹介します。

詳しくはこちら

入会案内

活動趣旨や研究者ネットワークにご関心のある企業は、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

詳しくはこちら