入会案内

入会案内

新しい情報端末技術として光のもつ超高速性、大容量性、超並列性という電子システムでは実現できない超高速・大容量情報処理の特徴と、電子情報システムの時間軸上での処理・制御機能とを融合・一体化した、新しい統合機能を発現するフォトニクス情報システムの開発が期待されています。

一方、ユビキタス・センサーネットワークの構築には、生活者へのユビキタス・サービスに供しうる知的で高機能なセンサー技術を開発することが必須で、フォトニクス情報システムの技術を駆使したセンシングやイメージング技術、情報可視化技術など、情報通信技術と融合した新しい技術開発が期待されています。

このような状況のもと、ユビキタスネット社会の実現に資する新たなフォトニクス情報システムの開発を、大学のシーズと産業界のニーズとのマッチングをめざした産学連携という目に見える形で推進すべく、平成14年から3年間活動した日本学術振興会の「フォトニック情報システム」に関する先導的研究開発委員会で築いた光、電子、情報、通信、情報家電分野の学界・産業界の研究者ネットワークを母体として、産学協力研究委員会「フォトニクス情報システム研究委員会」の設立を申請しておりましたところ、3月15日付で承認され、平成18年度から活動しております。

これらの活動趣旨や研究者ネットワークにご関心のある企業は、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。